×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒトパピローマウィルス 検査キット

ヒトパピローマウィルス検査キット

ヒトパピローマウィルスは、男性から女性へ、女性から男性へと、性交渉により感染する性感染症で、ヒトパピローマウィルスは、子宮頸ガンや尖圭コンジローマ、ボーエン様丘疹症の原因にもなるウィルスです。
男性がヒトパピローマウィルスに感染した場合、包皮に消しゴムのかすのような白い垢が出る、亀頭や包皮の周りが赤く腫れたり痒みがあるといった症状が現れることがあります。

しかし一般的には特別な症状が出にくく、感染していても気づかないというケースが多いようです。
そのためヒトパピローマウィルスの検査をする人も稀なんだとか。

男性がヒトパピローマウィルスにかかったとしても、自然の免疫力で治ることも多いので、
過大な心配は無用でしょう。

ヒトパピローマウィルスは女性の方が怖い?

性感染症の1つ、ヒトパビローマウィルスに男性が感染して発症すると、ごく稀にそのウィルスがガンの原因になってしまうことがあります。
しかし実際には、ヒトパビローマウィルスに感染した男性の大半は、さほど悪影響もないまま自然治癒してしまうことが多いそうです。但し、男性と違って女性の場合には、異形成になったり、確率は低いものの、発見が遅いと子宮頸ガンを誘発する原因になってしまうこともあります。
そのため、もしもヒトパピローマウィルスが疑われるような症状がある場合は、早めに検査することが大事です。病院でヒトパピローマウィルスの検査をするのに抵抗があるという人は、ヒトパピローマウィルスの検査キットをインターネットで購入して、自宅で検査してもいいでしょう。

ヒトパピローマウィルスの型と治療

ヒトパピローマウィルスの型は300種類以上あるそうですが、大きく分けて高リスク型と低リスク型があります。低リスク型では尖圭コンジローマというイボができることがありますが、高リスク型になると軽度の異形成から高度の異形成となり、子宮頸ガンに発展してしまうことも。しかし、異形成になった時点で検査をして治療していけば、子宮頸ガンに繋がることはありません。低リスク型で発症する可能性のある尖圭コンジローマというイボも治療は可能です。ヒトパピローマウィルスはありふれた感染症なので、性交経験のある男性や女性で感染している人は多いようです。型によってはガンの原因となってしまうこともありますが、感染者の大半は、感染すら気づかないまま自然治癒しています。

ヒトパピローマウィルスのワクチン

男性にも女性にも感染者の多いヒトパピローマウィルスは、乳ガンの次に多いと言われる子宮頸ガンを引き起こす原因になるウィルスです。しかし、検査でヒトパピローマウィルスが見つかってもこれといった治療はまだないというのが実情なので、感染する前に、まずは予防することが大事でしょう。ヒトパピローマウィルスの予防はワクチン接種が有効です。ヒトパピローマウィルスには発ガン性の型がいくつかありますが、最もガンになる頻度が高いと言われる16型と18型のワクチンが接種できるようになっています。このワクチンは10歳以上の女性が対象で、性交渉の有無に関係なく予防効果があります。ワクチンは、小児科、産婦人科、内科で接種でき、初回、初回から1ヵ月後、半年後の全3回です。

男女のリスクの違い

ヒトパピローマウィルスは男女どちらにも感染しうる感染症です。でも、男性と女性では感染して発症した場合のリスクには大きな差があります。女性の場合は、ヒトパピローマウィルスに感染したまま放置しておくと、子宮頸ガンに至ってしまう恐れがあります。そのため、性感染症が気になる場合には必ず検査をして早期発見することが大事です。ガンになる前に完全に治療することは可能です。男性の場合はヒトパピローマウィルスの感染範囲が広いので、ヒトパピローマウィルスの感染有無について、検査で正しい結果が出るかどうかは疑問です。ただ男性はヒトパピローマウィルスにかかってもガンに至る可能性はほとんどなく、自覚症状もないので、気づかないまま自然に治っていたというケースが多いようです。

リスクの高い人とは?

ヒトパピローマウィルスは性感染症です。そのため、不特定多数の人と性交渉を持つと、感染リスクが高くなります。ただ、感染したからといって必ず発症するというものではなく、何か他に原因があるために発症することが多いようです。最も発症のリスクが高いのは、やはり免疫力の低下でしょう。ヒトパピローマウィルスはありふれた感染症なので、通常なら自己免疫力によって自然に排除されます。しかし免疫力が落ちてしまうと、排除されずにずっと残ったままとなり、異形成からやがてはガンへと発展していくこともあります。男性の場合にはガンになることは稀で、ヒトパピローマウィルスに感染してもリスクは小さいようです。子宮頸ガンを導く恐れがある女性の場合は、早めの検査で治療してもらうことが必須です。